2017年07月24日

読書感想文優秀作品/小4

「『キャプテンはつらいぜ』で分かったチームのまとめ方」SYくん


「キャップテンはつらいぜ」の「勇」は少年野球チームブラック=キャットのキャプテンです。急にキャプテ
ンをまかされおんぼろチームをまとめようとしていました。勇は主人公だけど、勉強はできないし野球もまあま
あしかできない、どちらかと言えばダメな子でした。
 ぼくは、勇に親近感を持ちました。ぼくも勉強はきらいで、野球がすきだし、アメフトの副キャプテンだから
です。勇と同じ立場なのです。
 勇はこの本の中でチームをまとめようとくろうしていました、その場面を読んでいる時はハラハラドキドキし
ました。
 勇は4つの工夫をしました。
 まず、乗り気でないメンバーを野球以外のことにさそっているところに注目しました。
 修治は同じチームの吉野と仲がよくありませんでした。そこで、秀治を自分達と同じ麦塾にさそいました。そ
の結果、みんなは仲がよくなりました。ぼくは、この方法を使いたくなりました。チームのいうことをきかない
小さい子に、練習後キャッチボールをしようとかちがう遊びにさそって、まず仲よくなってみようと考えていま
す。
 また、リーダーは、リーダーとしていつもチームのことを考えます。勇は家で勉強していてもメンバーは今な
にをしているだろうかとか、試合の作戦のことを考えていて、感心しました。ぼくは試合に勝ちたいという思い
はあったけれど、そこまで考えることはありませんでした。これからは、勇を見習います。
 次に、自信のなくなったみんなには、かけ声をかけるということです。準決勝の相手が強豪のザ・ライオンズ
と知って、みんなはいやがりました。そこにゴロさんが弱いチームとあたって優勝したいのかと檄を飛ばしまし
た。さらに、その時、勇はしんとしたチームにかけ声をかけはげましたのです。それを読んで、ぼくはかけ声の
効果を見直し、チームのテンションを上げながら試合がしたいと思いました。
 4つ目は、たとえ大人にでも自分の思いはがんばって伝えないといけないということです。ぼくも試合で反則
をしたことはあるけれど、しんぱんにまちがえられることはなく、そんなことを言う機会はありませんでした。
同じようなことができるか、わかりません。けれど、試合以外のことでもどんな人にもまちがっていることはま
ちがっていると伝えるべきです。
 ぼくはアメフトの副キャプテンだけど、チームをまとめられていません。新しく入ってきた1年生と幼ち園の
子はグラウンドで砂遊びをしていて練習をあまりしません。きっとアメフトの楽しさが実感できていないのでし
ょう。だから、注意したりしかったりするだけでなく、アメフトが楽しく思えるようにしてみようと思います。
 
 これからは、ぼくも勇の4つの工夫を使ってチームをまとめていきます。そして、ブラック=キャットのよう
に全勝をめざしたいです。


※「キャプテンはつらいぜ」後藤竜二作
posted by まつさくら at 13:05| Comment(0) | 読書感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: