2012年03月05日

固いキズナ【小5NMさん】

クラスをまとめるのに必要なもの【小五 NМさん】

 クラスをまとめるには、固いキズナが必要だ。
 たしかに、誰とも関わらずに、一人でもやっていける。他の人がワガママだったりすると、付き合うのが嫌になったりする。しかし、そんな孤独にずっと耐えられる人はいない。何かのつながりがあれば、みんな信頼しあって、だますようなことはなくなる。一人ひとりのつらいことをみんなで乗り越えてきた強いキズナがあれば、その関係はちょっとやそっとでは途切れないので、みんなで団結することも可能だ。そうなれば、一人ではできない大きなこともできるだろう。だから、クラスをまとめるには、みんなとの固いキズナをつくることが必要であると、私は考える。

【講評】
ロジカル・ライティング〜論理的で説得力のある文章の書き方〜を学んでいる小五の女の子の作品です。今回、自分の主張に反論も予想して「確かに〜」「しかし〜」とつなげていく書き方を学びました。いきなり意見を書きなさいと言われても、通常は文章になってきません。普段からいろいろなことに関心・興味を持ちつつ、その理由なども考えながら生活していてこそ、こうした文章は生まれてくると思います。もともと国語がとても苦手な女の子でしたが、現在、中学生向けの文章の読みこなしも難なくできるようになりました。
posted by まつさくら at 16:36| Comment(0) | ロジカル・ライティング